Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アカウントの資金を凍結」 - 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング

仮想通貨取引所「bitbank」を装ったフィッシング攻撃が発生している。「アカウントの資金が凍結された」などとだまし、偽サイトへ誘導していた。

20180307_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシングメールに関する報告が寄せられているとして、同取引所を運営するビットバンクや、フィッシング対策協議会などが注意喚起を行ったもの。

問題のメールは「【bitbank.cc】アカウントの資金が凍結」という件名で送信されており、本文では「あなたのアカウントは何度もログに記録されています。あなたのアカウントを保護するために、私たちはアカウントの資金を凍結しました」などと不安を煽り、メール本文中のリンクから偽サイトに誘導しようとしていた。

フィッシングメールでは、HTMLメールによりURLを偽装。本文中でクリックを促されるURLにくわえ、同社サイトや、入金方法、購入や売却を行うページについて、正規サイトのドメインを含むURLが表示されるが、正規サイトと同じトップレベルドメインの「.cc」を利用する偽サイトに対してリンクが行われている。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導
「メルカリ」装うフィッシングが急増 - なりすましのメルペイ不正取引も発生
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
「ラクマ」をかたるフィッシングサイトメールに注意
警察庁をかたるフィッシングメール - 「情報を保護する」とだます手口
「UCSカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 利用を制限と不安煽る
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意