Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関するポイントを整理した資料の英語版をリリースした。

2017年10月に公開した「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」の英語版「Six Ws on cybersecurity information sharing for enhancing SOC/CSIRT Version 1.0」をリリースしたもの。

同資料は、セキュリティ対策において共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理している。同資料は、同協議会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応