Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関するポイントを整理した資料の英語版をリリースした。

2017年10月に公開した「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」の英語版「Six Ws on cybersecurity information sharing for enhancing SOC/CSIRT Version 1.0」をリリースしたもの。

同資料は、セキュリティ対策において共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理している。同資料は、同協議会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
「JSAC 2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
同姓同名の別人に納税通知書を約17年にわたり誤送付 - 鎌倉市
約3割が「他人のパスワードを知っている」 - アバスト調査
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛
米政府、脆弱性2件に注意喚起 - 悪用確認済み、早急に対応を
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院