Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関するポイントを整理した資料の英語版をリリースした。

2017年10月に公開した「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」の英語版「Six Ws on cybersecurity information sharing for enhancing SOC/CSIRT Version 1.0」をリリースしたもの。

同資料は、セキュリティ対策において共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理している。同資料は、同協議会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC