Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関するポイントを整理した資料の英語版をリリースした。

2017年10月に公開した「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」の英語版「Six Ws on cybersecurity information sharing for enhancing SOC/CSIRT Version 1.0」をリリースしたもの。

同資料は、セキュリティ対策において共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理している。同資料は、同協議会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
IMや通話機能を備える「Cisco Jabber for Windows」に深刻な脆弱性
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
「Apache Solr」に脆弱性、設定ミスが重なるとRCEのおそれも
機微情報の取扱基準示す「TLP」のガイダンスに日本語版
リモート授業で関係ない個人情報を共有 - 諏訪東京理科大
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社