Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関するポイントを整理した資料の英語版をリリースした。

2017年10月に公開した「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」の英語版「Six Ws on cybersecurity information sharing for enhancing SOC/CSIRT Version 1.0」をリリースしたもの。

同資料は、セキュリティ対策において共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理している。同資料は、同協議会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職場PCを紛失、虚偽説明した職員を処分 - 香川県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
Dell製シンクライアントOSに深刻なRCE脆弱性 - 更新や運用環境の確認を
「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集