Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約147万のJPドメイン、「SPF」設定は半数弱 - 「DMARC」は約0.5%

種別ごとに見ると、国内の企業が登録できる「co.jp」では、全ドメイン名40万3955件のうち、「SPF」の設定数は25万4292件、」「DMARC」の設定数は1121件だった。

政府機関や省庁所管の特殊法人、独立行政法人、研究が登録できる「go.jp」では、全ドメイン名582件のうち「SPF」の設定数は492件。「DMARC」の設定数は1件のみだった。

地域型、都道府県型では全ドメイン名1万3414件のうち「SPF」の設定数は4183件、「DMARC」の設定数は150件。

同調査は今後毎月実施し、同省では結果を定期的に公表していくという。

20180219_so_001.jpg

(Security NEXT - 2018/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化