Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で

Cisco Systemsが提供する「Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)」などに深刻な脆弱性が見つかり、アップデートが公開されていたが、対策が不十分であったとして、同社は再度修正プログラムを用意した。

問題の脆弱性は、ASAソフトウェアの「SSL VPN」に判明した「CVE-2018-0101」。細工したXMLパケットによりシステムの制御を奪われるおそれがある。リモートより悪用されるおそれがあり、脆弱性の重要度は「クリティカル(Critical)」。

「ASAシリーズ」をはじめ、バーチャルアプライアンス「ASAv」や「Firepowerシリーズ」のほか、「Catalyst」向けに提供されている「ASAサービスモジュール」なども影響を受ける。

同社は、同脆弱性の判明を受けてアップデートをリリースしていたが、その後の調査で今回の脆弱性に対する別の攻撃手法を確認。当初の対策が不十分であることが判明したという。同社ではあらたに修正プログラムを用意し、提供を開始している。

(Security NEXT - 2018/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開