Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加

FFRIは、エンドポイント向けセキュリティ対策製品「FFRI yarai」の新版を提供開始した。サプライチェーンリスクなどへの対応策として、あたらしい管理コンソール「FFRI AMC」を用意している。

同製品は、定義ファイルに依存しない複数のマルウェア対策エンジンを備えたエンドポイント向けセキュリティ対策製品。新版となる「同3.1」では、マルチテナントに対応する管理コンソール「FFRI AMC」をあらたに用意した。

「FFRI AMC」は、クラウドベースの管理コンソールで、サプライチェーンなど複数の組織における管理に対応。検体やログの収集機能、例外登録機能なども強化した。

また今回のバージョンアップでは、マルウェア検知エンジンのロジックなども強化しているという。

(Security NEXT - 2018/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も