Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DV被害者の個人情報を漏洩、経緯は調査中 - 東彼杵町

長崎県東彼杵町は、支援措置の申し出があったにもかかわらず、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者の住所を、外部へ漏洩したことを明らかにした。

同町によれば、配偶者や恋人による暴力、いわゆる「ドメスティックバイオレンス」の被害を受けたとして、加害者に居場所を知られないため、個人情報の閲覧制限措置を申し出ていた被害者の住所を外部へ漏洩していたことが、1月12日に判明したもの。

同町では、申し出に従って秘密を保持するために、パソコンの画面で注意喚起が2度表示されるしくみになっていたが、職員が情報を漏洩したという。

同町では、流出の経緯など詳細について調査を進めるとともに、対象となる被害者に対して事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA