Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DV被害者の個人情報を漏洩、経緯は調査中 - 東彼杵町

長崎県東彼杵町は、支援措置の申し出があったにもかかわらず、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者の住所を、外部へ漏洩したことを明らかにした。

同町によれば、配偶者や恋人による暴力、いわゆる「ドメスティックバイオレンス」の被害を受けたとして、加害者に居場所を知られないため、個人情報の閲覧制限措置を申し出ていた被害者の住所を外部へ漏洩していたことが、1月12日に判明したもの。

同町では、申し出に従って秘密を保持するために、パソコンの画面で注意喚起が2度表示されるしくみになっていたが、職員が情報を漏洩したという。

同町では、流出の経緯など詳細について調査を進めるとともに、対象となる被害者に対して事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市