Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性 - アップデートがリリース

「SSL VPN」を利用するリモートアクセス製品「Pulse Secure Desktop Linux Client」の「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同製品において、SSLサーバ証明書の検証処理に不備がある脆弱性「CVE-2018-6374」が明らかになったもの。重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。

クライアント側より信頼できないネットワークに存在するVPNサーバへ接続する際、トラフィックを改ざんされ、接続の設定を変更されたり、あらたな設定を作成されるおそれがある。

Pulse Secureでは、修正版となる「同5.3R4.2(Build 639)」「同5.2R9.2(Build 638)」をリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中