Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe Flash Playerにゼロデイ攻撃が発生 - 2月5日の週に修正予定

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかになった。ゼロデイ攻撃が発生しており、Adobe Systemsでは、2月5日の週にアップデートをリリースしたい考えだ。

20180202_as_001.jpg
2月5日の週にアップデートの公開を計画しているAdobe Systems

今回明らかとなった脆弱性「CVE-2018-4878」は、「同28.0.0.137」および以前のバージョンに存在。

解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use-after-free」の脆弱性で、リモートよりコードを実行され、システムの制御を奪われるおそれがある。

すでに同社では、Windowsを対象とした標的型攻撃で悪用されているとの報告を受けている。

確認されている攻撃は「限定的」としているが、Officeドキュメントに悪意ある「Flashコンテンツ」を埋め込まれ、メールで送信されていたという。

今回の問題を受け、同社では2月5日の週に同脆弱性を修正するアップデートをリリースできるよう準備を進めている。また「swfコンテンツ」の再生前にプロンプトを表示させたり、Officeが備える「保護ビュー」を活用するなど、緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、11月の月例パッチを公開 - 悪用済み2件を含む脆弱性55件を修正
Google、「Chrome 94.0.4606.71」をリリース - ゼロデイ脆弱性などに対応
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
Kaseya、ゼロデイ攻撃受けたIT管理製品のアップデートを公開
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正