Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減

2017年第4四半期に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられた脆弱性の届け出は70件だった。ソフトウェア関連が大幅に減少している。

同機構が、2017年第4四半期における脆弱性の届け出状況について取りまとめたもの。同四半期の届け出件数は70件で、前四半期の121件を下回った。

届け出の内訳を見ると、ソフトウェア製品に関する脆弱性が37件で、前四半期の92件から37件に減少。2015年からの3年間でもっとも低い水準となった。一方ウェブサイト関連は33件で、前四半期の29件をわずかに上回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア製品が3895件。ウェブサイト関連が9628件。ウェブサイト関連の届け出が全体の約7割を占める状況に変化はなかった。1日あたりの届け出件数は4.11件だった。

20180129_ip_001.jpg
脆弱性の届出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験