Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「Spectre」緩和策を追加した「macOS」や「iOS」を公開

Appleは、脆弱性「Spectre」に対する緩和策として「macOS High Sierra」および「iOS」向けにアップデートを公開した。Mac OSの旧バージョンに対しても「Safari」の更新をリリースしている。

20180109_ap_001.jpg
Appleによる「macOS High Sierra 10.13.2 Supplemental Update」のアナウンスメント

別名「Spectre」として知られ、CPUの投機的実行に対してサイドチャネル攻撃が行われるおそれがある脆弱性「CVE-2017-5753」「CVE-2017-5715」が明らかになったことから、同社ブラウザ「Safari」や「WebKit」向けに緩和策を追加したもの。

同社では、12月に公開したアップデートで「Meltdown」として知られる「CVE-2017-5754」の緩和策をすでに導入しており、今回のアップデート「macOS High Sierra 10.13.2 Supplemental Update」および「iOS 11.2.2」では、「Safari」における「Spectre」への緩和策を盛り込んだ。

「macOS High Sierra」では、「Safari 11.0.2(13604.4.7.1.6)」あるいは「同11.0.2(13604.4.7.10.6)」へバージョンアップされる。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番