Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Meltdown」「Spectre」の影響、MacやiOSデバイスにも - 一部は修正済み

主要メーカーが提供するCPUに脆弱性「Meltdown」や「Spectre」が明らかとなった問題で、Appleは、すべてのMacやiOSデバイスが影響を受けることを明らかにした。一部はアップデートで緩和策を導入済みだという。

20180105_ap_001.jpg

今回明らかになった「Meltdown」「Spectre」は、CPUの投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となる脆弱性。本来アクセスできないメモリからデータを取得されるおそれがある。

同問題について同社は、すべてのMacおよびiOSデバイスが影響を受けることを明らかにした。ただし、悪用などは確認されていないという。

同社は「Meltdown」への対応として、12月に公開した「macOS 10.13.2」「iOS 11.2」「tvOS 11.2」ですでに緩和策を導入済みであり、パフォーマンスへの影響も大きくなかったと説明。Apple Watchは影響を受けないとしている。

一方「Spectre」に関しては、JavaScriptの実行からでも悪用される可能性が存在するとしており、同社では、「iOS」や「Mac OS」向けに提供しているブラウザ「Safari」に対し、アップデートで緩和策を追加する予定。

また同社は、悪意のあるアプリの実行を避けるため、同社の「App Store」をはじめ、信頼できる提供元よりソフトウェアを入手するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起