Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災

日新火災海上保険の従業員が、承諾を得ずに顧客情報を第三者へ提供していたことがわかった。

同社によれば、鹿児島サービス支店の従業員が、満期を迎えた火災保険契約最大905件分の顧客情報を、第三者へ提供していたもの。

同社従業員が個人情報を漏洩しているとの指摘が11月1日に外部からあり、同社では調査を実施。12月13日に同従業員が漏洩を認めたという。

同社では、対象となる顧客に対し、書面で事情を説明する。また情報を漏洩していた従業員に対しては、社内規程に従って処分を行う予定。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
非公表が条件の企業提供情報をメールに誤添付 - 国交省
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
同意なくトヨタの認証サービスに顧客情報を登録 - 埼玉トヨタ
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大