Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災

日新火災海上保険の従業員が、承諾を得ずに顧客情報を第三者へ提供していたことがわかった。

同社によれば、鹿児島サービス支店の従業員が、満期を迎えた火災保険契約最大905件分の顧客情報を、第三者へ提供していたもの。

同社従業員が個人情報を漏洩しているとの指摘が11月1日に外部からあり、同社では調査を実施。12月13日に同従業員が漏洩を認めたという。

同社では、対象となる顧客に対し、書面で事情を説明する。また情報を漏洩していた従業員に対しては、社内規程に従って処分を行う予定。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県