Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災

日新火災海上保険の従業員が、承諾を得ずに顧客情報を第三者へ提供していたことがわかった。

同社によれば、鹿児島サービス支店の従業員が、満期を迎えた火災保険契約最大905件分の顧客情報を、第三者へ提供していたもの。

同社従業員が個人情報を漏洩しているとの指摘が11月1日に外部からあり、同社では調査を実施。12月13日に同従業員が漏洩を認めたという。

同社では、対象となる顧客に対し、書面で事情を説明する。また情報を漏洩していた従業員に対しては、社内規程に従って処分を行う予定。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス