Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災

日新火災海上保険の従業員が、承諾を得ずに顧客情報を第三者へ提供していたことがわかった。

同社によれば、鹿児島サービス支店の従業員が、満期を迎えた火災保険契約最大905件分の顧客情報を、第三者へ提供していたもの。

同社従業員が個人情報を漏洩しているとの指摘が11月1日に外部からあり、同社では調査を実施。12月13日に同従業員が漏洩を認めたという。

同社では、対象となる顧客に対し、書面で事情を説明する。また情報を漏洩していた従業員に対しては、社内規程に従って処分を行う予定。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
外部クラウド利用したカードローン申込窓口に設定不備 - 三井住友信託銀
高齢者リスト含む書類を弁当配達中に紛失
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
顧客個人情報を同意を得ずトヨタへ提供 - トヨタ車ディーラー
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市