Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ

シスコシステムズは、ネットワークの可視化や制御を行うiOS向けアプリ「Cisco Security Connector」を開発した。2018年第4四半期よりApp Storeを通じて法人向けに提供を開始する予定。

同アプリは、Appleのスマートデバイス向けOSである「iOS 11」向けに「Cisco Umbrella」「Cisco Clarity」などの機能を単一のアプリ上で提供するもの。

ユーザーやアプリケーション、デバイスによって生成されるトラフィック情報を可視化。コンプライアンスの確保や、インシデント発生時の調査などに活用できるという。

またアクセス制御機能を搭載。企業ネットワークや公衆無線LAN、携帯電話回線を問わず、不正サイトへの接続をブロックできる。

(Security NEXT - 2017/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン