Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内の「Mirai」感染、12月18日の時点で約1.5万件

情報通信研究機構(NICT)は、国内を発信元とする「Mirai」の感染端末からのパケットを確認していることから注意を呼びかけた。現在も約1万5000件のユニークなIPアドレスよりパケットが送信されているという。

同機構によれば、10月31日ごろより日本国内の「Mirai」感染端末が発信元と見られるTCP 23番ポートへのパケットを観測しているもの。

同機構のシステム「NICTER(Network Incident analysis Center for Tactical Emergency Response)」における観測では、送信元のユニークなIPアドレスが11月3日に約1万6000件を記録したほか、ピーク時には約2万4000件に達した。12月18日の時点でも約1万5000件を確認しており、拡大傾向が見られるという。

今回の攻撃では、パケットの送信元で既知の脆弱性が解消されていないロジテック製の一部ルータを利用していることが判明している。同ルータがインターネット経由のUPnPで「CVE-2014-8361」に対する攻撃を受け、「Mirai」に感染。感染端末の増加がパケットの増加を引き起こしていると見られている。

同機構は、既知の脆弱性を悪用する機能が「Mirai」の亜種に取り込まれ、今回の感染拡大を引き起こしたと指摘。同製品以外にもUPnPへアクセスするためにさまざまなポートが解放されており、あらたな機器への感染が拡大するおそれもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも