Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生

2017年に入り、Appleを装うフィッシング攻撃が多数確認されているが、12月に入ってからも攻撃が確認されており、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

今回確認された攻撃では、フィッシングメールにおいて、「iCloudへのログインやデータのダウンロードが確認された」などと説明する手口。「Apple ID」のロックを解除するためにセキュリティの質問を再設定する必要があるなどとだまして、誘導先の偽サイトでアカウント情報やクレジットカード情報など、個人情報を詐取しようとしていた。

メールには、「iCloudのバージョン」や「アクセス元のIPアドレス」など記載。あたかも実際にアクセスがあったかのように見せかけていた。フィッシング対策協議会では、メール内のURL2種類と、誘導先のURL2種類を確認している。

同協議会では、「Apple」を装うフィッシング攻撃は繰り返し発生しているとして、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も