Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生

2017年に入り、Appleを装うフィッシング攻撃が多数確認されているが、12月に入ってからも攻撃が確認されており、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

今回確認された攻撃では、フィッシングメールにおいて、「iCloudへのログインやデータのダウンロードが確認された」などと説明する手口。「Apple ID」のロックを解除するためにセキュリティの質問を再設定する必要があるなどとだまして、誘導先の偽サイトでアカウント情報やクレジットカード情報など、個人情報を詐取しようとしていた。

メールには、「iCloudのバージョン」や「アクセス元のIPアドレス」など記載。あたかも実際にアクセスがあったかのように見せかけていた。フィッシング対策協議会では、メール内のURL2種類と、誘導先のURL2種類を確認している。

同協議会では、「Apple」を装うフィッシング攻撃は繰り返し発生しているとして、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
「Evernote」のフィッシングが発生 - メール件名にある「印象筆記」とは
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
新型コロナのワクチン予約に見せかけた悪意あるSMSに注意
AMEXの利用者狙ったフィッシング - 利用確認装う手口
「イオンカード」装うフィッシング攻撃に注意
「ファミマTカード」を装うフィッシング攻撃に注意 - T会員番号なども詐取
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大