Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大

大阪大学は、教育用計算機システムが不正アクセスを受け、利用者の個人情報約7万件が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

同大によれば、5月18日から7月4日にかけて、教育用計算機システムが不正アクセスを受けたもの。教員のIDとパスワードを用いて侵入され、システム内部に設置された不正プログラムにより、システム管理者のアカウントが盗まれたという。

管理者用アカウントが奪われたことで、同システムの利用者に関する氏名やID、同大発行のメールアドレス、所属、学籍番号など約7万件が流出した可能性がある。

内訳を見ると、教職員に関する情報が1万2451件、学生が2万4196件、元教職員が9435件、元学生が2万3467件。元関係者のIDとメールアドレスについては、すでに無効化されている。

(Security NEXT - 2017/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大