Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大

また同大教職員59人のアカウントが不正に利用され、同大学内のグループウェアに対する不正アクセスが行われていたことも判明。

教職員のメールに含まれる学外関係者7972人の氏名や住所、電話番号、メールアドレスのほか、学内関係者3586人の氏名や電話番号、メールアドレス、人事情報、給与情報なども流出した可能性があるという。

同大では、対象となる関係者に対して謝罪。パスワードのルールについて強化し、全利用者のパスワードを変更した。また外部のセキュリティ機関と連携してセキュリティの強化に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2017/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社
他職員に対して窃盗や不正アクセスした職員を懲戒免職 - 岐阜県
ディップの求人掲載企業に再び不正アクセス - 過去事案と同一犯の可能性
調味料通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - JF全漁連
通販サイトで個人情報流出の可能性、警察の連絡で発覚 - 長崎県物産振興協会
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性