Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定

警視庁と仮想通貨取引所10社は、サイバー犯罪への対処に向けて協定を締結した。

今回締結した「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」では、サイバー犯罪認知時の通報や捜査に関する協力方針のほか、被害拡大防止に向けた措置、情報共有などについて定められている。

今後、同協定を通じて仮想通貨を悪用した犯罪はもちろん、不正アクセスをはじめとするサイバー犯罪の事件化や被害防止対策へ連携して取り組んでいく。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず