Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討

近い将来、情報漏洩の被害に遭うことに不安を感じている割合は67%。自分の個人情報を漏洩させた企業に対し、93%が法的措置を取る、または法的措置を検討すると回答した。

69%は、企業が顧客の個人情報保護を重視していないと感じており、58%はSNSを信頼しておらず、旅行サイトについても20%が信頼していない。

個人情報保護の責任について、データを保持する企業側が負っていると考える消費者が62%と半数を超えた。

その一方、自らのセキュリティ対策は甘く、回答者の14%がすべてのアカウントで同じパスワードを使用。さらに42%は複数のアカウントで同じパスワードを利用しており、パスワードの使い回しを行っている回答者は56%と半数を超えた。

またソーシャルメディアの多くが2要素認証に対応しているが、41%の回答者は2要素認証をまったく利用していなかったという。

(Security NEXT - 2017/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験