Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力

Darktraceは、産業制御システムや重要インフラを対象にした脅威の高まりを受け、あらたな部門を設置し、同分野への対応を強化する。

重要インフラに対する脅威への注目が高まっており、ビジネス上の最優先課題であるとして、同分野における脅威の特定を専門とする部門「Darktrace Industrial」を設置したもの。

同分野における脅威について、同社は追いつくことが不可能なペースで進化していると指摘し、機械学習技術を用いた特定を進める。また産業用システム向けの保護機能を強化した同社ソリューションの新版「Industrial Immune System 3」の拡販を進める。

(Security NEXT - 2017/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表