Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る

10月は、3月以降増加傾向だったマルウェア感染メールの割合が、7カ月ぶりに減少した。しかし2017年上半期と比較すると、依然として高い水準となっている。

20171114_sy_001.jpg
あらたなマルウェア亜種の検知状況(グラフ:Symantec)

米Symantecが、同社における10月の観測状況を取りまとめたもの。同月に同社が確認したあらたなマルウェアの亜種は4880万件。

9410万件でピークを迎えた1月からほぼ減少傾向が続き、前月の5000万件を下回った。5000万件を下回ったのは、3290万件だった2017年1月から9カ月ぶり。

マルウェア感染を目的としたメールの割合は、355件に1件。312件に1件だった前月から改善した。3月以降、割合は上昇傾向が続いていたが、7カ月ぶりの減少となる。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談