Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン

アルプスシステムインテグレーションは、ウェブフィルタリングソフトの新版「InterSafe WebFilter Ver.9.0」を11月30日より提供開始する。

同製品は、ウェブサイトへのアクセスを制御するゲートウェイ型の法人向けウェブフィルタリングソフト。私的利用や不正なサイトなど、あらかじめ設定したポリシーに応じてウェブサイトへのアクセスを制限できる。

新版では、アクセスの判定を従来のURLデータベースにくわえ、ユーザーのアクセスデータをもとにクラウド上で収集した情報を活用し、判定を行う新エンジン「高度分類クラウド IWCC(Intelligent Web Classifier Cloud)」を追加した。

またウェブアクセスを国や地域別にリアルタイムで可視化する「Geoスコープ」を搭載。国や地域別のアクセス制限に対応している。

(Security NEXT - 2017/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード