Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン

アルプスシステムインテグレーションは、ウェブフィルタリングソフトの新版「InterSafe WebFilter Ver.9.0」を11月30日より提供開始する。

同製品は、ウェブサイトへのアクセスを制御するゲートウェイ型の法人向けウェブフィルタリングソフト。私的利用や不正なサイトなど、あらかじめ設定したポリシーに応じてウェブサイトへのアクセスを制限できる。

新版では、アクセスの判定を従来のURLデータベースにくわえ、ユーザーのアクセスデータをもとにクラウド上で収集した情報を活用し、判定を行う新エンジン「高度分類クラウド IWCC(Intelligent Web Classifier Cloud)」を追加した。

またウェブアクセスを国や地域別にリアルタイムで可視化する「Geoスコープ」を搭載。国や地域別のアクセス制限に対応している。

(Security NEXT - 2017/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス