Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意

外務省の職員をかたった悪意あるメールが継続的に確認されているとして、同省では注意を呼びかけている。

同省の職員名をかたり、マルウェアが添付されたメールや、不審なサイトへのリンクが記載されたメールを送信するケースが継続的に確認されているとして、同省が注意喚起を行ったもの。

同省によれば、攻撃メールではタイムリーな国際情勢について言及。関連する担当者からの送信を装うなど手口が巧妙だという。同省では、発信元や内容に心当たりのないメールは、添付ファイルやURLなどを開かず、削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
偽ディズニーメールに注意 - 「パークチケット必ずもらえる」と誘導
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新