Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、企業におけるセキュリティ対策の取組状況を自己診断できる「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の新版を公開した。基礎データの統計情報についてもあわせて公開している。

20171030_ip_001.jpg
情報セキュリティ対策ベンチマーク

同ツールは、組織におけるセキュリティ対策の取組状況を自己診断できる無償のウェブサービス。2005年8月より提供されている。

診断時の回答項目は、「ISMS認証基準(JIS Q 27001:2006)」の付属書Aにある管理策をベースとしており、セキュリティ対策の取組状況に関する27項目と、企業のプロフィールに関する19項目のあわせて46項目で構成。

質問へ回答すると、散布図やレーダーチャート、スコアにより診断結果を表示。自社のレベルが他社と比較してどの位置にあるか確認できる。9月30日の時点で3万8000件超の利用があり、診断の基礎データとして1万2167件が提供されている。

今回公開した「同バージョン4.6」では、基礎データを更新。2017年9月までの直近7年6カ月に提供されたデータについて重複を整理した5593件を、診断の基礎データとして採用した。また診断データを統計処理した参考資料もあわせて提供している。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も