Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市

大阪府富田林市は、乳がん検診事業の委託先医療機関において、受診者の個人情報含む受診票を載せた車両の盗難が発生したことを明らかにした。

同市によれば、委託先医療機関の医師の自家用車が書類ごと盗難に遭ったことが10月19日朝に判明したもの。同医師は警察へ被害届を提出するとともに、同市への報告を行った。

車内には、10月13日から18日の間に同医療機関で乳がん検診を受診した35人分の個人情報含む受診票と、エックス線フィルムが積まれていた。そのうち21人分は同市の受診者だという。

前日18日21時ごろ同医師が帰宅した際、雨が激しく、自宅と駐車場が離れていることから受診票などを車内に置いたまま、車両を施錠した上で帰宅したという。

同市では、医療機関に対して対応を指示。医療機関は書面や電話により謝罪などを行った。

(Security NEXT - 2017/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
職員の健診結果通知票が所在不明 - 茨木市
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市