Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス

ソフトバンク・テクノロジーは、組織内CSIRTの構築や見直し、対応力の強化を支援する「CSIRT構築支援サービス」を提供開始する。

同サービスは、組織の現状を分析した上でCSIRTの早期立ち上げを支援するもの。設計フェーズでは、課題を抽出し、インシデント対応ポリシーを決定。CSIRTの基本構想設計書や基本方針書、検討課題報告書などを提供する。

さらに構築フェーズでは、インシデントハンドリングフローを構築。訓練の計画や実施、CSIRT要員の教育などを行い、CSIRT運用マニュアルを作成する。

また構築後の安定運用を支援するオプションとして、CISOの補佐やペネトレーションテスト、マネージドセキュリティサービスを提供する。

(Security NEXT - 2017/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境