Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、「ランサムウェア特設サイト」開設 - 対策を紹介

JPCERTコーディネーションセンターは、ランサムウェアの感染防止や感染した場合の対処法などを紹介する「ランサムウェア対策特設サイト」を開設した。

国内においてランサムウェアの被害報告が年々増加し、脅威となっていることを受けて、被害低減を目指し、特設サイトを開設したもの。感染の防止策や感染時の対処法を紹介している。

具体的には、代表的なランサムウェアや感染経路のほか、感染を防ぐためのセキュリティ対策、感染した場合に備えた定期的なデータのバックアップなどを解説。

また感染時の対応として、ランサムウェアを駆除してデータをバックアップから復号するなど、推奨する対処法を紹介。身代金の支払いについては、制限が解除される保証はないとして、支払わないことを推奨している。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を