Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い

今回、脆弱性の悪用が確認された10月10日は、皮肉にも各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」だった。

「Adobe Flash Player」においても、ほぼ毎月同日にアップデートをリリースしているが、10月は2016年8月以来、14カ月ぶりに「定例アップデート」がない月となったが、今回の報告を受け、定例外のアップデートに追われることとなった。

すでにアップデートとして、各プラットフォーム向けに脆弱性を解消した「同27.0.0.170」を提供しており、Adobe Systemsでは早期にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
Adobe、複数製品向けにアップデート - CVSS基本値「10」の脆弱性も
深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性