Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性

東邦ガスは、ガスや電気の使用量や支払額などをインターネットより確認できる同社の会員向けサイト「Club TOHOGAS」が不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社によれば、10月12日の14時半ごろより、国内外のIPアドレス2件より1万5000回を超えるアクセスが行われたという。10月12日16時半ごろ、大量のログインエラーが発生していることを気が付き、同社ではウェブサイトを停止した。

同社では、今回の不正アクセスにともない、同時間帯にアクセスした顧客103件が流出した可能性があると説明。ログインパスワードを変更し、対象となる顧客へ謝罪するとしている。

経済産業省や警察へ事態を報告。特定アドレスからのアクセスを制限し、同月13日9時半ごろよりサービスを再開している。

(Security NEXT - 2017/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生