Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト

ビットフォレストは、ウェブアプリケーション脆弱性検査サービス「VAddy」を、オープンソースの開発者向けに無償で提供する取り組みを開始した。

同サービスは、月額料金制のウェブアプリケーション脆弱性検査サービス。同社の基準を満たすオープンソースソフトウェア開発会社向けに、月額2万1384円で提供している「Professionalプラン」を無償で提供するという。

手はじめに、キャッチアップが開発し、2009年10月にオープンソース化した「baserCMS」への提供を開始。「SQLインジェクション」などすでに脆弱性が発見されており、修正版プログラムに反映されたという。

無償提供の申し込みは、VAddy事務局で受け付けている。

(Security NEXT - 2017/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド