Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、サイバー攻撃に利用された不正サイトの情報をリアルタイムに配信するサービス「Active Blacklist Threat Intelligence」を提供開始した。

同サービスは、同社の監視サービスを利用する国内企業や官公庁に導入されているセキュリティ機器から収集した不正サイトの情報をリスト化。ネットワーク機器向けに配信するもの。

収集した情報の5〜30%が一般的な製品で検知ができないと同社では説明。無害なサイトの情報については除外して提供するとしている。

ブラックリストは、同社が提供するVPNサービス経由で提供。利用者は、配信されたブラックリストをネットワーク機器で取り込むことができる。月額利用料は、34万5600円。

(Security NEXT - 2017/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン