Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置

日立製作所は、10月1日より情報セキュリティ体制を強化した。CISOが管掌する情報セキュリティリスク統括本部をあらたに設置した。

同社グループ全体の情報セキュリティガバナンスを一括して推進するため、CEO直轄のCISO(Chief Information Security Officer)および情報セキュリティリスク統括本部を設置。同社グループのネットワークにつながるすべての製品や設備を対象に、情報セキュリティガバナンスを進める。

情報セキュリティリスク統括本部では、最新の動向を踏まえたセキュリティ対策のPDCAを実行。得られた知見を同社の製品やシステム、サービスに反映させて顧客へ提供していく考え。

また大みか事業所内に開設したサイバー攻撃の訓練施設において、重要インフラの制御システムを手がけてきた経験やノウハウ、IT技術を活用し、社内外の情報セキュリティ人材の育成にも取り組むとしている。

(Security NEXT - 2017/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
運用監視サービスに不正アクセス、顧客情報流出は確認されず - 日立システムズ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立