Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催

クイズ形式のCTF大会で、競技の様子は情報通信研究機構(NICT)が開発した専用の可視化エンジン「AMATERAS零」により視覚化する。

会場はCODE BLUEが開催されるベルサール新宿。参加費は無料で定員は30名。応募者多数の場合は抽選となる。イベントの詳細や申し込みは、SECCON 2017のウェブサイトから。

「攻殻機動隊」は、1989年に発表された士郎正宗氏によるマンガ作品。テレビアニメや映画などマルチメディアで展開。同作品では近未来を舞台に、サイバー犯罪対策組織「公安9課」のリーダーである草薙素子を中心としたサイバー犯罪との戦いを描いている。

(Security NEXT - 2017/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
政府や独法関係者対象にCTFコンテスト「NISC-CTF」を開催
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
「SECCON CTF 2023」が開催 - 米韓混合チームが優勝
まもなく「SECCON 2023電脳会議」が開催 - 事前登録を受付中
「CODE BLUE 2023」のタイムテーブル - 脆弱性関連の講演充実
「SECCON CTF 2023」の予選参加登録がスタート - 週末開催へ
NEC、学生向けにオンラインCTFを開催 - 従業員も参加、交流会も
「SECCON CTF 2023」決勝は12月に都内で - 予選は9月を計画