Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念

これらは、おもに米国内に関するデータだが、一部イギリスやカナダの情報も含まれる。しかし、それ以外の国に関しては、消費者が影響を受ける痕跡は見つかっていないという。

また今回の情報漏洩にともない、信用調査のデータベースが不正に操作された痕跡は確認していないと同社では説明している。

現在は当局の捜査に協力しており、数週間以内に調査を完了する予定。関係者へ謝罪するコメントを出すとともに、影響を受けるか確認できるウェブサイトを用意した。ただし、情報を確認するには、本人を特定するために一定の情報を入力する必要がある。

今回の大規模な情報漏洩にともない、便乗するフィッシング攻撃への懸念が出ている。米連邦取引委員会(FTC)では、情報を聞き出す不審電話などへ注意するようアナウンスを開始している。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社