Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催

神戸デジタル・ラボは、医療系ソフトウェアから脆弱性を見つけ出すコンテスト「医療セキュリティハッキングコンテスト神戸2017」を10月14日に開催する。

同コンテストは、医療関連情報アプリケーションを対象に、脆弱性を探し出すバグハンティングを競うイベント。今回で3回目を迎え、今回はコンシューマー向けのアプリケーションを対象に技術を競う。

クラウド上に配置した仮想マシンにサーバとウェブアプリケーションを配置。参加者はウェブアプリケーションとパソコンアプリ、スマートフォンアプリに対して解析を行う。

約8時間でもっとも深刻な脆弱性、またはもっとも多くの脆弱性を発見したチームが優勝。スコアリングはCVSSを基準に、影響や実際の攻撃シナリオなどを加味して行う。優勝賞金は30万円。

参加対象者は高校生以上で、1チーム3人。個人での参加も可能。会場は、神戸市所在の同社セミナールーム。定員は30人で、申込者多数の場合は選考となる。イベントの詳細や申し込みは、同社サイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市
医療システム事業者向けに安全管理ガイドラインが決定
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府