Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL

神戸デジタル・ラボは、SaaS型の標的型攻撃メール訓練システム「Selphish」を提供開始した。

同サービスは、従業員に対して疑似的な標的型攻撃メールを送信する訓練サービス。メール送信後に開封者や部署における開封率などのレポートを提供する。

従来より「標的型攻撃メール訓練サービス」を提供してきたが、送信するタイミングや回数、文面などカスタマイズしたいとの要望を受けてSaaS型サービスを開発したという。

疑似攻撃メールの文面や開封時に表示されるコンテンツ内容を設定できるほか、対象者やスケジュールなどを設定できる。

料金は、のべメール送信数が1万件までの場合、年額172万8000円から。同社では、今後2年間で30社への導入を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス