Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI

インテリジェントウェイブ(IWI)は、イベント情報を一元管理し、脅威に応じてあらかじめ設定したワークフローを実行する米Ayehu製ソリューション「eyeShare」の国内販売を、9月1日より開始する。

同製品は、ソフトウェアやアプリケーションが出力するイベント情報を一元的に管理し、脅威情報や重要度などを把握できるソリューション。

マルウェア感染、 不正アクセスなどインシデントごとにワークフローのテンプレートを用意。トリガーを受けて、あらかじめ指定したワークフローを実行することが可能。140種類以上のテンプレートを利用できるほか、カスタマイズにも対応している。

価格は、ワークフローを25個まで登録できるエッセンシャルパッケージの最小構成で、年間432万円から。同社では、初年度の売り上げ1億円、10社への販売を目指している。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
CrowdStrikeとMandiantが戦略的パートナーシップ
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
インシデント初動対応の準備を支援するサービス - BBSec