Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI

インテリジェントウェイブ(IWI)は、イベント情報を一元管理し、脅威に応じてあらかじめ設定したワークフローを実行する米Ayehu製ソリューション「eyeShare」の国内販売を、9月1日より開始する。

同製品は、ソフトウェアやアプリケーションが出力するイベント情報を一元的に管理し、脅威情報や重要度などを把握できるソリューション。

マルウェア感染、 不正アクセスなどインシデントごとにワークフローのテンプレートを用意。トリガーを受けて、あらかじめ指定したワークフローを実行することが可能。140種類以上のテンプレートを利用できるほか、カスタマイズにも対応している。

価格は、ワークフローを25個まで登録できるエッセンシャルパッケージの最小構成で、年間432万円から。同社では、初年度の売り上げ1億円、10社への販売を目指している。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア