Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から

一方ロシアでは、4000から6000文字の記事を作成し、ロシア国内のサイトに掲載することを30万から55万ルーブル(約54万円から99万円)で請け負うサービスが確認された。

さらに広告とわからないよう新聞や雑誌上へ掲載するサービスについて、150万ルーブル(約270万円)ほどで請け負うPR代理店も存在したという。

フェイクニュースの拡散サービスもあり、ロシアでは、「Instagram」における「いいね!」の投稿1000件が1から170ルーブル(約2円から310円)、「Twitter」のフォロー1000件が190ルーブル(約340円)ほど。

「Facebook」の投稿に1カ月で1000件のコメントを付けるサービスもあり、188から250ドル(約2万1000円から2万8000円)、「YouTube」で1000回の視聴回数を3ドル(約330円)ほどで提供していた。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
サイバーセキュリティクラウド、東証マザーズへ上場
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら