Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市

岐阜市消防本部において、不正に持ち出された高齢者の個人情報が記載された名簿が所在不明となっている。

同市によれば、消防本部の職員が不正に持ち出した同市および瑞穂市在住の高齢者世帯名簿が紛失したもの。65歳以上の一人暮らし世帯、および75歳以上の高齢者世帯の個人情報が含まれる。

同市消防本部では、システム監視体制の強化など再発防止策を講じる。また今回の紛失に関し、消防本部が高齢者に直接連絡することはないとして、不審な連絡には応対しないよう注意を呼びかけた。

(Security NEXT - 2017/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市