Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%

国内のビジネスパーソンにおいて、7%がIDを窃取された経験があるとの調査結果をA10ネットワークスが取りまとめた。

20170810_at_001.jpg
PCやスマホの紛失経験(グラフ:A10)

同社が、日本を含む10カ国において、従業員100人以上の企業で働くビジネスパーソンとIT管理者2000人を対象にアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

IDを窃取されたことがある回答者は、全体平均で13%。国内では7%が被害にあったことがあるという。特に高い数値を示した国は中国で、39%にのぼった。

全体の21%、日本の9%がパソコンやスマートフォンを紛失。ドイツでは1%にとどまる一方、「中国(40%)」「インド(39%)」では4割前後の回答者が紛失経験を持つなど、調査対象国で大きな差が見られた。一方端末の盗難については、回答者全体の14%、日本の9%が経験していた。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
約3割が「他人のパスワードを知っている」 - アバスト調査
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
個情委、個人データ入り「USBメモリ」の管理で注意喚起