Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化

2017年第2四半期にサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)へ提供された情報のうち、「標的型攻撃メール」に関する情報は6件にとどまった。通信先など異なる複数のマルウェアを同時に感染させる手口が確認されたという。

同四半期におけるJ-CSIPの運用状況を情報処理推進機構(IPA)が取りまとめたもの。J-CSIPは、サイバー攻撃の被害拡大防止を目的に2011年10月に発足。参加組織により情報を共有している。

2017年上半期は、「クレジット業界SIG(Special Interest Group)」が発足。電力ISACが設立された電力業界、重要インフラ機器製造事業者など、参加組織が増加。7業界86組織だった2016年末から、8業界154組織へと情報共有体制が拡大した。

2017年第2四半期に参加組織から寄せられた不審メールに関する情報提供は1213件。73件だった前四半期の約17倍へと急増した。重複や共有対象外の情報を除き、IPAが入手した情報16件を含むあわせて26件の情報について、参加組織で共有したという。

20170728_ip_001.jpg
(表:IPA)

(Security NEXT - 2017/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に