Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長野県の河川水位情報サイトが改ざん - マルウェア感染の可能性

ウェブサイト「長野県河川水位情報」が不正アクセスを受け、一時改ざんされていたことがわかった。同サイトを閲覧すると、マルウェアへ感染するおそれがあったという。

20170720_np_001.jpg
一時改ざんされていた「長野県河川水位情報」

同サイトは、長野県における雨量や河川の水位情報を提供しているウェブサイト。

同県によれば、閲覧者の指摘により被害へ気が付いたもので、7月11日17時前から12日17時ごろにかけて改ざんされた状態だったという。

期間中にサイトを閲覧した場合、マルウェアへ感染する可能性があった。同県ではウェブサイトを停止。マルウェアを駆除した。今回の不正アクセスにともなう情報流出については否定している。

同県は期間中に同サイトを閲覧した利用者に対し、最新のセキュリティ対策ソフトを用いてマルウェアへ感染していないか確認するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大