Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出か - 日本文化センター

日本文化センターの通信販売サイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報など顧客の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

20170720_nb_001.jpg
不正アクセスを受けた日本文化センターのウェブサイト

同社によれば、流出した可能性があるのは4月19日から5月12日までに、同サイトでクレジットカード決済を新規で利用した顧客の個人情報最大189件。

ウェブアプリケーションの脆弱性を突かれ、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードのほか、氏名や住所などが窃取された可能性がある。

5月12日に決済代行会社から、カードの不正利用の可能性について連絡があり、問題が発覚。同社ではカード決済を停止するとともに、調査を進めていた。

同社では、日本通信販売協会を通じて経済産業省へ報告。脆弱性の修正やセキュリティ対策の強化を進めている。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
へぎそば通販サイトに不正アクセス - 2015年以降のクレカ情報流出か
オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く