Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのフィッシング、「2段階パスワードに更新した」とだます手口

20170707_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

「LINE」を装ったフィッシング攻撃が発生している。「2段階パスワードに更新した」などとだます手口だという。

LINEを装うフィッシング攻撃が頻発している。今月に入ってからも確認されており、3日に同協議会より注意喚起が行われたばかり。

今回確認された攻撃では、「二段階パスワードの設置」といった件名のメールを送信。メールの本文では「LINEアカウントの盗用が多発している」などと不安を煽り、「2段階パスワードに更新した」などと説明し、設定を促すように見せかけ、偽サイトへ誘導していた。

7月7日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されているとして、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
請求案内に見せかけた「So-net」を装うフィッシング
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
楽天装うフィッシング - 「注文を出荷できません」などと不安煽る
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」のVPN機能に深刻な脆弱性 - 早急に更新を