Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

60万超のサイトで利用されるWordPress向け「ショートコード」追加プラグインに脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」向けのプラグイン「Shortcodes Ultimate」に脆弱性が含まれていることがわかった。

同プラグインは、「WordPress」向けに機能を追加するための「ショートコード」を提供するプラグイン。60万件以上のサイトで導入されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同プラグインには、サーバ上に保存された任意のファイルへアクセスすることが可能となる「ディレクトリトラバーサル」の脆弱性「CVE-2017-2245」が存在するという。

クリスリュウ氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性は「同4.10.0」で修正された。他バグを修正した「同4.10.1」が最新版として公開されている。

(Security NEXT - 2017/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中