Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「12日月曜日に支払下さい」、請求書を装うマルウェアメール - 本文にはランダムな日本人名

オンラインバンキングの利用者を狙い、不正送金マルウェアへ感染させようとするメールが引き続き確認されている。本文にはランダムな日本人名が記載されていた。

注意喚起を行った日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、6月7日に確認されたメールでは、「請求書ほか」「請求書を添付」などの件名で送信されていた。本文にはランダムな日本人名が記載され、「12日、月曜日に支払いして下さい」などと書かれていたという。

そのほか、契約内容の確認を促すメールを偽装したケースや、税関への申告や検査で必要な「インボイス」の送付を装ったメールなども確認されている。

同センターでは、添付ファイルを開封したり、本文記載のURLにアクセスすると、不正送金マルウェアに感染、オンラインバンキングのアカウント情報が盗まれるおそれがあると指摘。今回のケース以外にもマルウェアが添付されたメールが多数配信されているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
「Emotet」国内被害、10月後半より増加 - 過去やりとり踏まえた「なりすましメール」で拡大
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト