Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交流会案内メール誤送信でメアド流出 - CBコンサル

医療や介護分野向けの人材採用支援サービスなどを手がけるCBコンサルティングは、学生と企業の交流会案内メールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを公表した。

同社によれば、5月16日に送信した薬学生と企業の交流会案内メールにおいて、送信ミスが発生したもの。担当者が送信先のメールアドレス32件を誤って宛先に設定したため。受信者間でメールアドレスを閲覧できる状態となった。

同日中に対象者にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼。翌17日にあらためて電話で謝罪するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市