Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交流会案内メール誤送信でメアド流出 - CBコンサル

医療や介護分野向けの人材採用支援サービスなどを手がけるCBコンサルティングは、学生と企業の交流会案内メールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを公表した。

同社によれば、5月16日に送信した薬学生と企業の交流会案内メールにおいて、送信ミスが発生したもの。担当者が送信先のメールアドレス32件を誤って宛先に設定したため。受信者間でメールアドレスを閲覧できる状態となった。

同日中に対象者にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼。翌17日にあらためて電話で謝罪するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機関向けの検査協力金案内メールで誤送信 - 大阪府
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
薬機法の「よくある相談」ファイルに相談者の個人情報 - 大阪府
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター