Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス

PFUは、ネットワークに接続した機器のセキュリティリスクに対処するアプライアンス製品を6月30日より提供開始する。

「iNetSec SF」は、従来製品「iNetSec Smart Finder」「iNetSec Intra Wall」の機能を統合したソリューション。

ネットワークに接続したパソコンやスマートフォン、プリンタ、ウェブカメラなどの機器を可視化し、許可なく接続された機器を検知することが可能。追加機能ライセンスを購入することで、マルウェアを検知した端末やパッチ未適用端末の遮断にも対応する。

IT機器の可視化や不正端末を遮断するアプライアンスであるセンサーと、センサーを統合管理するソフトウェアであるマネージャーで構成。価格は、センサーが18万円。マネージャーが24万円。今後3年間で20億円の売り上げを目指すという。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT