Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策宣言制度、ロゴマーク使用の申込受付開始

20170501_ip_002.jpg
「情報セキュリティ5か条」に取り組むことを宣言すると利用できるロゴマーク(画像:IPA)

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業が自らセキュリティへの取り組みを宣言する制度「SECURITY ACTION」のロゴマーク使用に関する申し込みについて、受け付けを開始した。

同制度は、中小企業が自らセキュリティへの取り組みを宣言する制度。

中小企業の自発的なセキュリティ対策の取り組みを促す試みのひとつとして創設した。

同機構が策定した「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に沿ったセキュリティ対策に取り組んだり、セキュリティポリシーを外部公開したことを宣言した企業は、「セキュリティ対策自己宣言」のロゴマークをウェブサイトや名刺に掲載し、セキュリティ対策への取り組みについてアピールできる。

20170501_ip_001.jpg
使用イメージ(図:IPA)

ロゴマークには、取り組み状況に応じて「ひとつ星」と「ふたつ星」の2種類を用意。

ひとつ星は、同ガイドライン付録の「情報セキュリティ5か条」への取り組みを宣言した企業を示すロゴマーク。

さらにふたつ星では、同ガイドライン付録の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」で自社の状況を把握したうえで、セキュリティポリシーを外部公開したことを宣言した企業が使用できる。

使用申込書を同機構のサイトからダウンロードし、所定事項を記入のうえ、メールまたはファックスで提出する。1つ星を使用している企業が、取り組み目標を2つ星へ変更するステップアップも可能。

(Security NEXT - 2017/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
NEC製セキュアプライアンスに複数脆弱性 - 3月の更新で修正済み
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
支援金審査で誤った書類送付先を案内 - 情報が流出 - 埼玉県