Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員向けメールで異なる会員情報を誤送信 - 名古屋のプロバスケチーム

プロバスケットボール「B.LEAGUE」に所属する名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、ファンクラブの会員向けに送信したメールにおいて、関係ない別の会員に関する個人情報を誤って送信したことを明らかにした。

同クラブによれば、4月16日20時過ぎ、事務局がファンクラブの会員へ向けて送信したメールにおいて、別の会員の情報を誤って記載したもの。

オンラインチケットのクレジットカード決済システムの停止にともない、パスワード再設定の手順をメールで案内したが、本来の受信者とは異なる会員の氏名、オンラインチケットのログインID、生年月日を記載していた。

同日中に、正しい情報を全会員へ送信。17日に対象となる会員に対し、メールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

同クラブによると、今回誤送信した氏名とログインID、生年月日にくわえ、電話番号を把握している場合、パスワードの再設定が申請できるが、再設定するパスワードの承認は、登録メールアドレスへ届く仕様であるとして、今回の送信ミスにより、第三者によるパスワードの再設定やログインは行えないと説明している。

(Security NEXT - 2017/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県